メインコンテンツへスキップ
Version: 27.2

モック関数

モック関数によりコード間の繋がりをテストすることができます。 関数が持つ実際の実装を除去したり、関数の呼び出し(また、呼び出しに渡されたパラメータも含め)をキャプチャしたり、new によるコンストラクタ関数のインスタンス化をキャプチャできます。 そうすることでテスト時のみの返り値の設定をすることが可能になります。

関数をモックするには、次の2つの方法があります。 1つは、テストコードの中でモック関数を作成するという方法。 もう1つは、manual mockを作成してモジュールの依存性を上書きするという方法です。

モック関数を利用する#

forEach 関数の実装をテストすることを考えてみましょう。 この関数は、与えられた配列の各要素に対して、コールバック関数を呼び出します。

function forEach(items, callback) {
for (let index = 0; index < items.length; index++) {
callback(items[index]);
}
}

この関数をテストするために、モック関数を利用して、コールバックが期待通り呼び出されるかを確認するためにモックの状態を検証することができます。

const mockCallback = jest.fn(x => 42 + x);
forEach([0, 1], mockCallback);
// The mock function is called twice
expect(mockCallback.mock.calls.length).toBe(2);
// The first argument of the first call to the function was 0
expect(mockCallback.mock.calls[0][0]).toBe(0);
// The first argument of the second call to the function was 1
expect(mockCallback.mock.calls[1][0]).toBe(1);
// The return value of the first call to the function was 42
expect(mockCallback.mock.results[0].value).toBe(42);

.mock プロパティ#

すべてのモック関数には、この特別な .mock プロパティがあり、モック関数呼び出し時のデータと、関数の返り値が記録されています。 .mock プロパティには、各呼び出し時の thisの値も記録されているため、this の値のチェックも可能です。

const myMock = jest.fn();
const a = new myMock();
const b = {};
const bound = myMock.bind(b);
bound();
console.log(myMock.mock.instances);
// > [ <a>, <b> ]

以下のモックのプロパティを使用すると、関数がどのように呼び出され、どのようにインスタンス化され、返り値が何であったのかを確認することができます。

// function はちょうど 1 回だけ呼ばれた
expect(someMockFunction.mock.calls.length).toBe(1);
// 関数の 1 回目の呼び出しの 1 番目の引数は 'first arg' だった
expect(someMockFunction.mock.calls[0][0]).toBe('first arg');
// 関数の 1 回目の呼び出しの 2 番目の引数は 'second arg' だった
expect(someMockFunction.mock.calls[0][1]).toBe('second arg');
// 関数の 1 回目の呼び出しの返り値は 'return value' だった
expect(someMockFunction.mock.results[0].value).toBe('return value');
// この関数はちょうど 2 回インスタンス化された
expect(someMockFunction.mock.instances.length).toBe(2);
// この関数の 1 回目のインスタンス化で返されたインスタンスは、
// `name` プロパティを持っており、その値は 'test' であった
expect(someMockFunction.mock.instances[0].name).toEqual('test');

モックの戻り値#

モック関数は、テスト中のコードにテスト用の値を注入するのにも利用できます。

const myMock = jest.fn();
console.log(myMock());
// > undefined
myMock.mockReturnValueOnce(10).mockReturnValueOnce('x').mockReturnValue(true);
console.log(myMock(), myMock(), myMock(), myMock());
// > 10, 'x', true, true

モック関数は、関数的な継続渡し (continuation-passing) のスタイルを利用したコードでも、とても効果的です。 コードをこのスタイルで書くことで、本物のコンポーネントの振る舞いを再現するような複雑なスタブが必要になることを避けることができ、テストで使われる直前に値を直接注入するができるようになります。

const filterTestFn = jest.fn();
// Make the mock return `true` for the first call,
// and `false` for the second call
filterTestFn.mockReturnValueOnce(true).mockReturnValueOnce(false);
const result = [11, 12].filter(num => filterTestFn(num));
console.log(result);
// > [11]
console.log(filterTestFn.mock.calls[0][0]); // 11
console.log(filterTestFn.mock.calls[1][0]); // 12

実世界のほとんどの例では、依存しているコンポーネントのモック関数を見つけ出して構成することが必要となりますが、テクニック自体は一緒です。 こうしたテストを書く場合は、関数の内の直接テストされていないロジックを実装したくなる誘惑を避けるように努めましょう。

モジュールのモック#

API からユーザーを取得するクラスがあるとします。 以下のクラスは、axios を使用して API を呼び、全てのユーザーが持っている data 属性を返します。

users.js
import axios from 'axios';
class Users {
static all() {
return axios.get('/users.json').then(resp => resp.data);
}
}
export default Users;

さて、このメソッドを実際に API にアクセスせずにテストするために (もしそのようなテストを作れば、遅くて壊れやすいテストになってしまいます)、jest.mock(...) 関数を使えば、axios モジュールを自動的にモックすることができます。

一度モジュールをモックすれば、.get に対して mockResolvedValue メソッドを使えるようになり、テストで検証したいデータを返させるようにできます。 実装上は、 axios.get('/users.json') に偽のレスポンスを返すようにさせています。

users.test.js
import axios from 'axios';
import Users from './users';
jest.mock('axios');
test('should fetch users', () => {
const users = [{name: 'Bob'}];
const resp = {data: users};
axios.get.mockResolvedValue(resp);
// or you could use the following depending on your use case:
// axios.get.mockImplementation(() => Promise.resolve(resp))
return Users.all().then(data => expect(data).toEqual(users));
});

Mocking Partials#

Subsets of a module can be mocked and the rest of the module can keep their actual implementation:

foo-bar-baz.js
export const foo = 'foo';
export const bar = () => 'bar';
export default () => 'baz';
//test.js
import defaultExport, {bar, foo} from '../foo-bar-baz';
jest.mock('../foo-bar-baz', () => {
const originalModule = jest.requireActual('../foo-bar-baz');
//Mock the default export and named export 'foo'
return {
__esModule: true,
...originalModule,
default: jest.fn(() => 'mocked baz'),
foo: 'mocked foo',
};
});
test('should do a partial mock', () => {
const defaultExportResult = defaultExport();
expect(defaultExportResult).toBe('mocked baz');
expect(defaultExport).toHaveBeenCalled();
expect(foo).toBe('mocked foo');
expect(bar()).toBe('bar');
});

モックの実装#

とはいえ、指定された値を返すという能力を越えて完全に実装をモック化することが便利なケースがあります。 これはjest.fn またはモック関数の mockImplementationOnce メソッドを利用することで実現できます。

const myMockFn = jest.fn(cb => cb(null, true));
myMockFn((err, val) => console.log(val));
// > true

mockImplementationメソッドは他のモジュールによって作成されたモック関数のデフォルトの実装を定義したいときに便利です。

foo.js
module.exports = function () {
// some implementation;
};
test.js
jest.mock('../foo'); // this happens automatically with automocking
const foo = require('../foo');
// foo is a mock function
foo.mockImplementation(() => 42);
foo();
// > 42

関数への複数回への呼び出しで異なる結果を得るように複雑な挙動をするモック関数を再作成する必要がある場合はmockImplementationOnceメソッドを使用して下さい。

const myMockFn = jest
.fn()
.mockImplementationOnce(cb => cb(null, true))
.mockImplementationOnce(cb => cb(null, false));
myMockFn((err, val) => console.log(val));
// > true
myMockFn((err, val) => console.log(val));
// > false

モック関数がmockImplementationOnceによって定義された実装が全て使い切った時は、 (もし定義されていれば) jest.fnのデフォルトの実装を実行します。

const myMockFn = jest
.fn(() => 'default')
.mockImplementationOnce(() => 'first call')
.mockImplementationOnce(() => 'second call');
console.log(myMockFn(), myMockFn(), myMockFn(), myMockFn());
// > 'first call', 'second call', 'default', 'default'

よくチェーンされる(そしてのために常に thisを返す必要のある)メソッドがあるケースのために、この実装を単純化する糖衣APIを.mockReturnThis() の形で全てのモックが備えています。

const myObj = {
myMethod: jest.fn().mockReturnThis(),
};
// is the same as
const otherObj = {
myMethod: jest.fn(function () {
return this;
}),
};

モック名#

You can optionally provide a name for your mock functions, which will be displayed instead of "jest.fn()" in the test error output. テスト結果でエラーを出力しているモック関数を迅速に特定したい場合に使用します。

const myMockFn = jest
.fn()
.mockReturnValue('default')
.mockImplementation(scalar => 42 + scalar)
.mockName('add42');

カスタムマッチャ#

最後にモック関数がどのように呼ばれたかを検査する必要を減らすため、いくつかのカスタムマッチャを用意しておきました。

// The mock function was called at least once
expect(mockFunc).toHaveBeenCalled();
// The mock function was called at least once with the specified args
expect(mockFunc).toHaveBeenCalledWith(arg1, arg2);
// The last call to the mock function was called with the specified args
expect(mockFunc).toHaveBeenLastCalledWith(arg1, arg2);
// All calls and the name of the mock is written as a snapshot
expect(mockFunc).toMatchSnapshot();

これらのマッチャは .mockプロパティを検査する一般的な方法の糖衣構文です。 より好みに合うものが欲しい場合や、より特定のテストに向けたものが必要な場合は、いつでも手動でカスタムマッチャを追加することができます。

// The mock function was called at least once
expect(mockFunc.mock.calls.length).toBeGreaterThan(0);
// The mock function was called at least once with the specified args
expect(mockFunc.mock.calls).toContainEqual([arg1, arg2]);
// The last call to the mock function was called with the specified args
expect(mockFunc.mock.calls[mockFunc.mock.calls.length - 1]).toEqual([
arg1,
arg2,
]);
// The first arg of the last call to the mock function was `42`
// (note that there is no sugar helper for this specific of an assertion)
expect(mockFunc.mock.calls[mockFunc.mock.calls.length - 1][0]).toBe(42);
// A snapshot will check that a mock was invoked the same number of times,
// in the same order, with the same arguments. It will also assert on the name.
expect(mockFunc.mock.calls).toEqual([[arg1, arg2]]);
expect(mockFunc.getMockName()).toBe('a mock name');

マッチャーの完全なリストについては、 リファレンスドキュメントを確認してください。