メインコンテンツへスキップ
Version: 27.2

DynamoDBを使用する場合

Global Setup/DeardownAsync Test Environment API を使用して、Jest は DynamoDB とスムーズに連携できます。

jest-dynamodb プリセットを使用する#

Jest DynamoDB は、DynamoDB を使用してテストを実行するために必要なすべての設定を提供します。

  1. まず、 @shelf/jest-dynamodb をインストールします。
yarn add @shelf/jest-dynamodb --dev
  1. テストを書きます
{
"preset": "@shelf/jest-dynamodb"
}
  1. DynamoDBクライアントを設定します。

テーブルAPIの作成 を参照。

module.exports = {
tables: [
{
TableName: `files`,
KeySchema: [{AttributeName: 'id', KeyType: 'HASH'}],
AttributeDefinitions: [{AttributeName: 'id', AttributeType: 'S'}],
ProvisionedThroughput: {ReadCapacityUnits: 1, WriteCapacityUnits: 1},
},
// etc
],
};
  1. テストを記述します。
const {DocumentClient} = require('aws-sdk/clients/dynamodb');
const isTest = process.env.JEST_WORKER_ID;
const config = {
convertEmptyValues: true,
...(isTest && {
endpoint: 'localhost:8000',
sslEnabled: false,
region: 'local-env',
}),
};
const ddb = new DocumentClient(config);
  1. テストを記述します。
it('should insert item into table', async () => {
await ddb
.put({TableName: 'files', Item: {id: '1', hello: 'world'}})
.promise();
const {Item} = await ddb.get({TableName: 'files', Key: {id: '1'}}).promise();
expect(Item).toEqual({
id: '1',
hello: 'world',
});
});

依存関係をロードする必要はありません。

詳細は ドキュメント を参照してください。